女性の「びまん性脱毛症」の原因や増える原因とは?

女性の髪

一般的に女性に多い抜け毛の原因には、エストロゲンという女性ホルモンが大きく関わっています。エストロゲンには、毛周期の中の成長期を持続させる働きがあるので、分泌がピークとなる28歳前後までは、髪の毛は順調に育ちます。

 

ところがピークを過ぎると徐々に分泌量が減少し、閉経後にはごく少量が副腎から分泌されるのみとなってしまいます。エストロゲンが少なくなると、成長期が短く、休止期の時期が長くなってしまうので、若い頃のようにどんどん髪の毛が健康に育つことが難しくなります。

 

更年期の頃には、1つの毛穴から生えてくる髪の毛の本数が減ってきたり、髪の毛が痩せてきたりと、女性特有の髪の毛の悩みが出始めます。女性形脱毛症や、びまん性脱毛症と呼ばれるものです。

 

男性型の薄毛が若い人に増えている

 

髪のコシを確認する

髪の毛のコシがなくなってきたり、密度が薄くなったりは、加齢による現象であることがほとんどですが、最近の女性に増えているのが、精神的ストレスや生活習慣の乱れ、無理なダイエットなど、身体にダメージを与える生活習慣の影響を受けての、男性型と同じ薄毛や抜け毛です。抜け毛や薄毛に悩む女性は年々若年化しており、早くは20代から深刻な抜け毛に悩まされる人たちもいます。

 

これは、男性と同等かそれ以上の仕事のストレスや、生活習慣の乱れなどの他、食事制限のような過激なダイエット、頻繁に繰り返すカラーリングやパーマなど、美しさを求めるあまりの行動が、逆に毛根や周辺細胞を傷つけて、健康な髪の毛の育成を阻害していることによるものです。飲酒や喫煙も、適正量を過ぎると髪の毛の健康を損なう原因になります。

 

また、40代を過ぎた女性には、ホルモンバランスの乱れの他にも、仕事、私生活の両面で大きなストレスが次々とかかってきます。生活のリズムも崩れやすく、男性と同じように、薄毛や抜け毛の悩みが増えても不思議ではありません。このように、加齢によるものだけではない頭髪トラブルが増えているのが、最近の傾向と言って良いでしょう。

 

洗浄力が強すぎるシャンプーは危険極まりないって嘘?

女性

抜け毛が気になリ始めたら、シャンプー選びにもこだわりたいですね。女性の場合、男性とは違い、頭皮も非常に刺激に弱いので、洗浄力が強すぎるシャンプーは、頭皮を痛めたり、乾燥が進んだりするので、避けなければなりません。低刺激で、髪の毛をいたわる成分が入っているものがいいですね。

 

抜け毛を防ぎ、髪の毛を育てる成分がカギに

 

抜け毛を防ぐには、頭皮や髪の毛をダメージから守り、優しく洗い上げる低刺激のシャンプーがおすすめです。ポイントは保湿、栄養補給、そして血行改善です。

 

保湿の面から考えると、アミノ酸系の洗浄成分で出来たシャンプーが良いでしょう。髪の毛や頭皮に優しく、保湿効果が高いのが特徴です。

 

また、ノンシリコンタイプのシャンプーなら、毛穴にシリコンが詰まって抜け毛を増やす心配もありませんし、髪の毛にも優しいので、愛用者も多いようです。女性の育毛にこだわったシャンプーは、アミノ酸系かノンシリコン系に分かれているようです。

 

女性

こうした育毛シャンプーは、天然成分のみで無添加で出来ているものや、植物などを原料とした栄養成分が配合されているものが多く、シャンプーをしながら髪の毛や頭皮を整えていけるので、抜け毛の予防にはより効果的ですね。

 

また、血行を促進する成分が配合されている育毛シャンプーもあります。シャンプーをしている時は、頭皮の血流が一時的にではあれ良くなっていますので、シャンプーの成分にこうした成分が入っていると、効果的だと言われています。女性には女性に向いた成分がありますので、男性用のシャンプーで代用などはしないで下さい。

 

この他、生薬配合で殺菌、抗菌、抗酸化作用などがあるものや、天然保湿成分やマー油を配合してあるもの、ミネラルなどの有効成分が入っているものなど、それぞれ特色ある育毛シャンプーも色々ありますので、自分の髪の毛の状態にあったものを選んでみると良いでしょう。リンスやトリートメントの必要がないので、よりしっとりと洗い上がり、髪の毛にきしみを感じないシャンプーが見つかるといいですね。

男性とは訳が違う!女性の薄毛は深刻か?それとも楽勝か?

女性

女性の抜け毛は男性の薄毛とはタイプが違い、男性のようにすっかり抜けてしまうとうことはありません。男性の場合、頭頂部や額の生え際がうぶ毛化して、完全に抜け落ちてしまいますが、これは男性ホルモンの影響とともに、遺伝的要素が大きいと考えられています。

 

一方、女性の抜け毛は、男性のように一部が集中して抜けてしまうということはなく、髪の毛の生えている領域は変わりません。女性は、髪の毛の1本1本が細くなってしまうため、全体的にボリュームダウンしたり、頭皮が透けて見えるようになってしまうだけで、髪の毛を失ってしまうわけではないのです。

 

女性の抜け毛は改善しやすい

 

女性は髪の毛が細く、ヒョロヒョロした感じになるとはいえ、全体としてみると、髪の毛の長さは保たれているわけです。しっかりとしたケアで、頭皮に栄養を与えていけば、また元気が戻る可能性はとても高いのです。

 

男性ホルモンの影響と、遺伝的要因がほとんどを占める男性の薄毛と違い、女性の抜け毛は、女性ホルモン、年齢、ストレス、生活習慣の乱れによる睡眠不足や栄養不足、喫煙、パーマやカラーリングなど、さまざまな要因が関係しています。

 

ただ、最近では男性ホルモンの影響を受けて起こるFAGAという新しい女性薄毛の症状も増えてきています。大体は、びまん性脱毛症による症状が多いのですが、女性の社会進出による副産物として増えてきている事実があります。

 

悩む女性

ですから、これらの要因を取り除き、正しい頭皮ケアを根気よく続けていくことで、また豊かな髪の毛を取り戻すことも十分可能です。もう年だからとあきらめる必要は全くありません。

 

ある程度の年齢になり、ホルモンバランスも落ち着いてくると、女性は薄毛が改善しやすいということもわかっています。年齢に関係なく、いつでも改善の可能性があるのが、女性の抜け毛の特徴で、男性の薄毛とは違う部分です。

 

生活習慣を整え、しっかりと睡眠を取り、バランスの良い食事を心がけるのとともに、女性用育毛剤やサプリメントなども利用して、積極的にケアしていきましょう。もちろん、シャンプーやヘアケア製品も、刺激の少ない、髪の毛に優しいものを選ぶことが大切です。トータルで、髪の毛に良い環境を整えて行けるよう努力を続けて下さい。